PS4版FF14情報(HDD/SSD比較動画あり)

2015/05/30 at 13:30

PS4

 

PS4版FF14の情報を集めてまとめてみました

 

PlayStationStoreで買うと、特典テーマが特別につくみたいです。

PlayStation®Store限定「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド 事前購入特典テーマ」

 

『PS4 現行プレイヤー向け コレクターズエディション(全部入り)』

 

『PS4 現行プレイヤー向け コレクターズエディション ダウンロード版(グリフィン&アーリーアクセスつき)』

◇ PlayStationStore

 

『PS4 現行プレイヤー向け アーリーアクセス権つき』

 

『PS4 新規プレイヤー向け 新生FF14本体+イシュガルドパック(30日プレイ権つき)』

 

また、蒼天のイシュガルドのアーリーアクセスに参加するには、プロダクトコード・レジストレーションコードを登録する必要があります。詳しくはこちらをご覧下さい。

PlayStationStoreで購入された方は、プロダクトコード・レジストレーションコードを入力する必要はありません。詳しくはこちらをご覧下さい。

 


 

2014年2月22日(土)~2014年3月3日(月)
βテスト フェーズ1(PS4専用サーバー、新規キャラクターのみ、キャラはテスト終了後削除)

2014年4月4日(金) 17:00~ 2014年4月7日(月) 17:00まで
βテスト フェーズ2

  1. 既存のプレイヤー(PC・PS3)は、今プレイしているサーバー・キャラでプレイできます。
    (キャラ情報はスクエニのサーバーで管理してますので、もともとクライアントは関係ないです)
  2. 新規のプレイヤーは、既存のサーバーか新規サーバーでプレイできます。
  3. 新規につくったキャラは、今後の正式サービスに引き継ぎできます。
  4. βテスト=体験版なので、誰でも参加できます。PS3やPCでログインも出来ます。
  5. PS4用に新規サーバーを2つ以上、追加する予定なので、完全新規でスタートしてみたい人はそこがいいかも?
  6. βテストなので、プレイ権利は全く関係ありません。誰でもFF14をダウンロードして、試せます。
  7. マクロや設定の引き継ぎができます!(○PS3→PS4 ×PS4→PS3 ×PC→PS4)
  8. FF14自体のダウンロードはPlayStationStoreからダウンロードできます。たぶん、下にあるのと同じ手順です。

フェーズ2後にすぐアーリーがきますので、PS3のSSDをPS4に移動させるなら4月3~4日だと思います。詳細な方法は以前書いたものを見て下さい。簡単に書くと、PS3のトロフィーを同期してSSDをバックアップ(1時間~)、PS3付属のHDDに戻してリストア(1時間~)です。PS4はSSDを取り付けて、システムセットアップとトロフィーの同期、FF14のダウンロードして待つ感じになります。

4月8日~4月10日はPS3 HDDでプレイできます。

β2に関する公式情報は ココ と ココ にあります。必ず目を通して下さいね~

 

2014年4月11日(金)17:00~ 2014年4月13日(日)
正式と、アーリーアクセス期間です。

  1. PS3版FF14から、PS4版FF14へプレイ権利の移行をする必要があります。(無料)
    移行手続きは4月11日17時から、モグステーションでできるようになりました。
    詳しくは公式のこちらをご覧下さい
  2. プレイ権利の移行をすると、PS3へ権利を戻すことはできません。(PS3→PS4の片道切符)
  3. FF14を購入していない人は、プレイすることができません。中身は、正式サービスと同じです。
  4. βテストフェーズ2と同じように、既存のサーバー・キャラでプレイできます。
  5. マクロや設定の引き継ぎができます!(○PS3→PS4 ×PS4→PS3 ×PC→PS4)

 

 

 

 

2014年4月14日(月)~
正式サービス開始です。

 

◆ PS4用の公式特設サイトはこちら ◆


PS4版FF14のセットアップ

※ HDDを交換・SSDに交換される方はシステムソフトウェアをあらかじめダウンロードしておきましょう

  1. PS4をセットアップする(1分くらいで終わります)
  2. PlayStationNetworkにログインします。アカウントがない方は、つくって下さい。
  3. PlayStation Store にアーリーアクセスや、付属のコードを入力して下さい。
  4. FF14を選択してダウンロードします。
    混んでなければ、数十分~1時間程度でダウンロードは完了します。
  5. ゲームを起動すると、スクエニアカウントとのリンク設定が最初にあります。
    PSNアカウントと、スクエニアカウントは1回リンクさせると解除ができません。自分のプレイスタイルによって、やり方が変わります。詳しくはPS4用の特設サイトをご覧下さい。
    リンクが終わって、ゲームデータの準備が終われば、ゲームスタートです!

 


PS4 FF14 HDD vs SSD スピードテスト

比較する項目は3つです。 (1) エリアチェンジ (2) デジョン (3) キャラクター表示

URL:http://www.youtube.com/watch?v=MPkb-J9XhOg

エリアチェンジ HDD 13秒 SSD 6秒

デジョン HDD 10秒 SSD 7秒

キャラクター表示は、遠くのキャラクターまで表示されていましたので、どちらも変わらないと思います。PS3に比べて、遠くのキャラクターまできちんと描画されていると思います。PS4のHDDとSSDは、パソコンのHDDとSSDとほぼ同じといえそうです。(下記にPC版の参考がのっています)

きっとPCユーザーにはわかってもらえないと思いますが、PS3では「セーブ中」という文字が頻繁に出てきました。このせいで、ジョブを着替えたあと、SSとったあと、せいとんなどのあとでチャットが出来ない状態でした。これについても、PS4で比較動画を撮影しようと思ったのですが「セーブ中」の文字が出てきません。出てこないので比較できませんでした。

PS4にすれば「セーブ中」のイライラから解放されて、快適です!

 

 

 


PSN・PSN Plus との関係は?

PlayStationNetwork 無料アカウントさえあれば、プレイできます。Plusは不要です。

 


FF14ではキーボード必須ですが、オススメはありますか?

よくわからないという方にはLogicoolのK360Rをオススメしています。値段も手頃だし、無線です。

キー配置などで工夫する必要はありますが、今は Apple Wireless Keyboard を使っています。

F1~F12キーは普通に使えます。日本語のON/OFFは文字入力の状態でCommand + Spaceで切り替えられます。省スペースで、慣れてしまえば使いやすいキーボードです。(Ctrlキーの位置が変わってたりします)

 


PS4 FF14 β版を実際にプレイした感想

キャラクターもオブジェクトも、エフェクトもすべてが素晴らしくて、感動しました。たった数時間のプレイでも、PS3に戻りたくなくなります。

入力した文字の取りこぼしと、たまに画面がカクカクするところがありましたが、正式版では修正されていると思います。

PS3に比べて画面も広く、HUDのレイアウトもかなり自由にできます。 セーブ中といった、PS3特有の現象もありません。エンドコンテンツも、難なくいけると思います。

ハイエンドのゲーミングPCには敵いませんが、そこまでいらないとか、置くスペースがないとか、お金をかけたくないとか、そういった理由であれば間違いなくFF14をプレイするのに快適な環境です。

 

 

 


PS4はSSD?SSHD?

PS4は、本体のインターフェースがSATA2で、SATA2のHDD(500GB)が付属しています。

ここで現状わかっている中ですが、3~4つの環境での速度を比較しておきます。

○ キャラ選択からロードまで

PS3 HDD 33.44秒 100%
PS3 SSD 27.40秒 122%
PC SSD 26.99秒 124%

 

○ デジョンでの移動

PS3 HDD 28.48秒 100%
PS3 SSD 09.92秒 287%
PC SSD 07.94秒 358%

 

○マップ間移動

PS3 HDD 19.18秒 100%
PC HDD※ 14.00秒 137%
PS3 SSD 09.18秒 208%
PC SSD 05.95秒 322%

※環境は別ですが、十分参考値になると思いましたので引用しました。
(引用元 (1) http://www.youtube.com/watch?v=lU0wPVVUBb8 (2) http://www.youtube.com/watch?v=mkDBbZlZdAQ (3) http://ku-so.hatenadiary.jp/entry/2013/09/07/155911 )

PS3 HDD → PS3 SSD の場合、約2倍近くの速度になっています。PC HDD → PC SSD でも、マップ間移動では2倍は早くなっています。

PS4はHDDからSSDに変えた場合、一番はやくなったアサシンズクリードでも約1.5倍と、2倍まではやくはなっていません。http://blog.gamekana.com/archives/7419992.html

 

「最速目指すならSSD、そこまで気にしないならSSHD、HDDでも普通にプレイするなら問題なさそう」です。

 


PS4はSATA2

Serial ATAポートの根元に,富士通のロゴが記された「MB86C311B」というLSIがあったことも述べておきたい。データシートによれば,MB86C311BはUSB 3.0−SATAブリッジ。つまり,PS4のSerial ATAはUSB 3.0経由で接続されているわけである。

参考:http://news.nicovideo.jp/watch/nw852723

 

また、MB86C31のスペックシートからSATA2(3Gbps)ということが判明しました。

参考:http://www.fujitsu.com/downloads/MICRO/fma/pdf/MB86C31_FS_082010.pdf

 

こちらのサイト(http://toaruhenjin.com/digimono-review/sata3-or-sata2)で、SATA2.0とSATA3.0、それぞれHDDとSSDの速度比較をしていましたので参考にさせていただきました。

SATA2.0(HDD) 161 MB/sec 100%
SATA3.0(HDD) 147 MB/sec -
SATA2.0(SSD) 268 MB/sec 160%
SATA3.0(SSD) 470 MB/sec 298%

上の方の妄想で、PS4のSSDは(PS4 HDDに比べて)最大1.5倍はやくなるというのは、この比較結果ともそう遠くない結論だと思います。(SATA3の場合、HDDとSSDで2倍以上違ってもいいのに、どうして1.5倍程度なのかという違和感の正体です)

 


PS4のHDD換装・分解方法

こちらのサイトに動画つきでのっています。HDDの換装は、簡単そうです。

http://japan.cnet.com/news/service/35039623/

こちらには、より詳細な換装方法がのっています。一部、日本語に訳して掲載しておきます。

http://www.geek.com/games/how-to-upgrade-the-ps4-hard-drive-to-an-ssd-1577274/

  1. プラスチックの上部パーツを外して
  2. ネジを1つだけ外します
  3. HDDを外して、さらに複数のネジを外します。(見た感じ4つかな?)
  4. SSDに交換して(複数ネジでとめて)、元に戻します。
  5. ネジを1つ、とめます。
  6. 前と後ろの向きに気をつけて、プラスチックの上部パーツを戻します。
  7. PS4システム(ver1.5の時点で1GBくらい)をPCでダウンロードして、USBメモリ等(FAT32フォーマット)を用意します。
  8. USBメモリ等に「PS4」フォルダをつくり、その下に「UPDATE」フォルダをつくり、UPDATEフォルダにPS4のシステムをコピーします。
  9. PS4の電源がOFFになっている状態で、USBメモリ等を、USBポートにさしておきます。
  10. 7秒間電源を押しっぱなしにして、PS4の電源をONにします。この電源の入れ方で、PS4は、USBメモリからシステムのインストールを行います。
  11. 「システムの再インストール」を選択します。(言葉がこの通りになるかは未定です)
  12. 5分くらいでシステムの再インストールが終わります。
  13. 各種設定や、PSNアカウントを再度行います。これでSSD版のPS4になります!

 


システムボリュームとディスク容量について

PS4のシステム部分の容量が大きく、交換ディスクは最低160GB必要というのが公式情報です。

256GBのSSDにFF14(β)だけをインストールすると、残りの容量は149GBになりました。

数年のパッチや、ダウンロード・インストール容量を考えると十分だと思いますが、何の保証もできません。

他のゲームもされる方は、それに必要な容量次第だと思いますので、SSDではなくてSSHDという選択肢も十分あると思います。

 

◎ 関連した投稿はこちら